--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄弟のように

2006年06月30日 22:18

今日パンダちゃんのあとふみふみさん家に遊びに行ってきました。
ふみふみさん家にはコノタンと同じお年のアヤタンがいます。そしてアヤタンの上にはコノタンが好きなおにーさまのショウくんがいます。

「おじゃましまーす」と玄関から入って荷物を置いた後、振り返るとそこにはコノタ
ンとアヤタンが正面向き合って立っていました。二人の間は30センチも空いていません。
そして目を合わせず無言でしばらくにらみ合い?をしていました。

多分ショウ君お気に入りの地球儀が珍しかったのか、コノタンが真っ先に向かおうとしたところ、アヤタンが阻止したんじゃないかと思うのです。

この状況、めちゃくちゃ笑えました。
アヤタンはショウ君が大事なものってことで守ろうとしたところがイジラシイというか、なんとも可愛らしいし、最近えばりだったコノタンが自分より大きい子から少しずつ洗礼を受けていく様子がなんとも言えず面白いのです。

その後また二人でおもちゃの取り合い、熱帯魚の水槽の前で場所の取り合い、攻撃したり、かわしたり、泣いたり・・・を繰り返していました(笑)

これってホント大事な事。
私自身は自分の母と叔母が一緒になって子育てをしていたおかげでいとこと一緒に育つことができ、兄弟がたくさんのようにいい意味でもまれてこれたんだけど、コノタンはこっちに私一人だからこういうお友達はとても大事なのです。

さっき母にその様子を話したら「ふみふみさんが二人目で、子育ても少し先輩な部分で気持ちに余裕があるから、あんたもコノタンもすごく助かっているのよ」といわれました。

確かに~~!!
一人目同士で子供同士がけんかっぽく物の取り合いなんか始めたら微妙に気を使いあってしまって「順番ねー」と言いながらもコノタンに我慢させて譲ってしまいそうだわ…私。
でもお互い注意はするけれどいい意味でほっておくのも大事なんだよねー。
(コノタンを客観的に見れる瞬間でもあるのだ)

助かってます、いつも感謝!!!

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。