--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかるんだけど…

2011年09月14日 14:16


神様のカルテがすっかり気に入ってしまって、登場人物である細君が大好きな本を借りて読んでみました。ヴィクトールEフランクルの夜と霧。

なんとなくわかるんだけど…あの時代の収容所で極限状態での「人間とは」となると…読む間つらくなっちゃって大変でした。
わかるんだけど私は苦手。

細君ってすごいな


コメント

  1. ふみふみ | URL | -

    神様のカルテ…う~~~ん、去年だったか読んだんだけど…う~~~ん。
    私にはそれほどの感動がなかったんだよね。

    なんというか登場人物が優しすぎて…。
    細君だって完璧で現実味があまりなくって、宮崎あおいも現実味がない(主婦感が全くない)からいいんだけど。

    お友達に本貸して、もうずっと返ってこないけど…。
    映画館では観ないけど、DVDで観ようかと思います。
    先週やってた『砂の器』のラストはちょっと感動して涙出た。
    中居君のドラマは観てなかったし、松本清張は時代が時代だけに暗くなるからほとんど読んでなくって。

    このひと月は暑くて本が読めないです…。

  2. ふみふみちゃんへ | URL | -

    おへんじ

    砂の器、本暗いけど読んだよ。
    あの時代を今描くのはなかなか難しいけれど、中井君のドラマは最悪だったーー。
    それの記憶を打ち消したかったから今回ドラマ見たけど確かによかったね。。。

    神様のカルテはそうだね、登場人物が優しいねー。だから少し癒されたのかも!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hikagin.blog117.fc2.com/tb.php/904-756bb7d7
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。